読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
pixiv insideは移転しました! ≫ http://inside.pixiv.blog/

ISUCON6裏話Nightで気になったツイート集―そして来年の出題は…?

12月からCTOになることになりました、ISUCON6本選出題担当の@edvakfです。

11月22日に開催されたISUCON6裏話Nightで、ようやく自分の中でのISUCON6が終了しました。

f:id:edvakf:20161124140112j:plain

当日の発表では試行錯誤したけどボツになったネタなども盛り込めたので、良い供養になりました。そのスライドを公開しつつ、当日のツイートのいくつかにコメントしていきます。

edvakfの発表スライド

ISUCON6本選の裏話 @ ISUCON6裏話Night // Speaker Deck

catatsuyの発表スライド

ISUCON6本選のベンチマークでconsulを使用してクラスタを構築した話 / isucon6-night // Speaker Deck

気になったツイート

運営は大変なので小言を言わず優しくしてあげてね

自分も本選の後は1日ぐらいTwitter怖くて見られなかったですね…ボロクソ書かれてたらどうしようと思って。

予選アイデアかぶり

ISUCON6予選の問題はWikipediaから初期データを作っていたのですが、我々も予選をやることになっていたらwikiっぽい題材にしようと考えていました。初期データを用意するのがけっこう面倒なので、Wikipediaはちょうど良いのです。

HTTPS前提

HTTPSは、そこが問題のキーになるかどうかをあまり気にせずに、そろそろHTTPSが基本になるべきだろう、ということで作りました。GoのHTTPクライアントが、InsecureSkipVerifyを使うとHTTP/2になってくれない問題にハマったのですが、これについては別の機会にcatatsuyが書いてくれるはず!

ソフトタイムアウトとハードタイムアウト

Songmu/timeoutが作られたのは2015年で、予選のコード読んでてこれを見つけたときはSongmuさんGJと思いました。社内ISUCONのときはtimeoutコマンドを使っていたのですが、せっかくなので本選ではSongmu/timeout版実装を踏襲しました。

複数台構成にする必然性が無い

これは僕のスライドの「複数台構成にする必然性が無い」というところについて、僕が「1台に集約できるなら複数台構成を考える必要ない。50台とかの戦いになっていくのでは」みたいな発言をしたのを受けてです。

これも考えましたが、結局2コアx16台より32コアx1台のほうがISUCONには有利なんですよね。

consulを活用したベンチマーカークラスタ

catatsuyの発表に対してです。内部DNSを立てるという方針もあったのですが、せっかくだしconsul使ってみようよ、と言ってやった甲斐がありました。

ベンチマーカーのスケールアウトという普段仕事では扱っていない問題を解決するために構成を考えて設計する、という経験ができるのは出題者にとっては大きな財産になります。みんなISUCON出題やってみると実感できると思いますよ!

負荷設計

初期実装状態でも最適化された後でも適切に動くベンチマーカーを作るのが難しいという話の流れです。

本選はアプリケーションが速くなればなるほどベンチマーカーが負荷を上げるようにしたのですが、それが現実味がないという意見があったことに対してです。最初から「これだけの負荷がかかってるからそれに対して最適化する」という競技にするべきという話です。

これについてはその通りで、「8時間でベンチマークを実行できる回数には限りがあるので、アチコチよそ見をしている時間は無い」ということを意識するべきと思いました。今後の出題者への教訓ですね。

競技プログラミング勢が躍進したことについて

mirakuiさんが「競技プログラミングのように、時間のある学生が強すぎて、お仕事でやってる俺らは出番なくなる」のようなことを言っていたことに対してです。

imosさんと話したのですが、競技プログラミング界隈には「コードは書けるけどお仕事できるかはまた別」みたいなジレンマがあるらしく、ISUCONというものを通してWeb業界で必要とされる知識を吸収できたり、自信になったりするので、良い大会だと言っていました。

そういうわけでISUCONはこれからも競技プログラミング勢には媚びずに(煽っているわけではないですよ)Webで必要とされる技術が求められる問題を出し続けていくべきと思いました。

来年の出題担当?

おやおや…?

最後に

出題を通じて普段できないような経験をさせてもらったISUCONにはとても感謝しています。ベンチマーカークラスタというサーバーアーキテクチャの設計に頭を悩ませられる経験なんて他にありません。

ISUCONが今後続くかどうかは、出題をしたい人(会社さん)がいるかどうかにかかってますので、皆さんこぞって出題しましょう。

宣伝

来年のピクシブ社内ISUCONに参加したい方は↓こちらから応募!

recruit.pixiv.net